ストーリー

【狐狸之声 第11話「告発の波紋」 あらすじ】

コンチュエが会見を開き、ゴーストシンガーの全てを告白する。しかしそれは、フーリを陥れるための嘘で塗り固めた告発だった。それによりフーリへの非難が再燃し、その矛先はジーホティエンにも向かう。一方チュユンは、フーリと抱き合う写真をネタにホンイェに脅迫され、ソロデビューの権利を明け渡す。自分の歌がまた不幸を招いたと悔やむフーリだが、記者に囲まれたジーホティエンは、カメラを通してフーリに語りかける。